K-Colony厨房

料理に関するページです。トレーラー・キャンプにこだわらず載せていこうと思います。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
朴葉セット
 

料理のページを作ったのに、店の紹介ばっかりしていますが、料理ネタが今ンとこ無いんですよ。

まぁ、どうしてもネタがなくなったら、写真は無しのレシピだけで、ダラダラ書くことになるかもしれません。

・・・で、店のメニューを紹介しようにも、最近は三瓶に行くことが多くて、昔みたいに走り回っていろいろ撮ったメニューが「果たして今でもあるんだろうか・・・」という不安もあったりするんですが、まぁ賑やかしに(いいのか?そんなんで)書いていこうと思います。

こちらは、道の駅「ピュアラインにしき」のレストランで食べた『朴葉セット』です。
国道187号を岩国から六日市に向かう途中にあります。

肉と山菜を味噌仕立てで朴葉の上で焼くという、一風変わったものですが、これがなかなか田楽味噌みたいに甘くてオツなんです。

ちょっと他メニューに比べると少し料金が高めなんですが、せっかく訪れたからには食べて損はない一品です。

左奥の皿の白くて薄い料理は山フグ、つまりコンニャクのお刺身です。
こちらもツルンとしていて、酢味噌のサッパリ感が朴葉焼きの甘さによく合います。

あ〜食べたくなったな・・・まだ健在であることを祈りたい。。。
まいにちや
Image004.jpg
会社の近くにあるラーメン屋さん。
いつもは激辛ラーメン(店では『ぴり辛ラーメン』という名前)を食べるのだけど、夏限定メニューに写真の『冷やし坦々麺』があるので、あまりに暑いときはこちらを頼んでます。

ここのラーメン店は出汁がしっかりしていて、値段のわりに量が多く、結構人気店です。

冷やし坦々麺は直径30cmの皿に、とにかく野菜が大盛りで、店側の説明にも『サラダ感覚でお楽しみください』とあります。
これで¥800なのですが、腹は太ります。

『まいにちや』とは呉市に昔からある八百屋さんの名前で、その身内の方がラーメン店を始めたもので、普通なラーメン(味噌ラーメンが6種類)が¥680ですが、野菜が豊富で、全体量も普通のラーメン店の約2倍!

この店はよくいくので、また他メニューも紹介していきたいと思います。

場所は県道矢野〜安浦線、黒瀬町の『スーパー銭湯雲母の里』前の信号を山手に入り、約1km先の信号左側(セブンイレブン向かい)にあります。
香木の森
 早くもネタ切れかー・・・みたいな感じですけど、結構料理の写真って撮ってないんですよね。
いや、夕食風景とか撮ってるのは多いんですけど、遠目が多くて何の料理かわからんのです。。。

まぁ、まったりといきましょう。

さて、今回は香木の森公園にあるレストランです。(名前忘れた)
ここには温泉がありますので、その温泉のすぐ横にレストランがあります。


辛い物好きな人にお勧めなのが、こちらの豚キムチ丼。

こういう店って、一般の人向けにして辛さ控えめ、豚キムチってそれだけで一品の料理ですから、なんとなくご飯の上に載せてみただけの、やっつけメニュー・・・ってことが多いんですが、ここの豚キムチ丼は違います!

私も結構辛い物好きなんですけど、「辛いな〜」と思わず口に出してしまったほど、シッカリとした辛さがあります。

ここのレストラン、豚肉料理が一番のオススメらしく、他にも豚カツ丼とかいろいろあるのですが、元々唐辛子と豚肉って相性が良いので、豚カツ丼も少々辛いみたいです(息子とカミさんが食ってた)

息子やカミさんは辛いの苦手なんですけど、「辛いけど旨い!」って食べてましたので、食べてみる価値はあると思います。

場所は、島根県邑南町、国道261号から県道7号に入り4kmほどのところにあります。
浜田道旭I.Cのほうから県道7号でも来られますが、狭い区間が何カ所かありますので、トレーラーでは要注意です(交通量はあまりありません。私もトレーラーで通ったことはあります)

今はおそらく、浜田道の瑞穂I,Cから県道50号と県道327号とが整備されているようなので、そちらからのほうが早いし道が良いかもしれません。
満壽の湯
 料理することだけでなく、過去レポの中であちこち散らばっている店情報や美味しい物情報なども書いていきたいと思います。
今回は何度も登場している『満壽の湯』。
その名の通り、温泉施設なのですが、ここの料理が美味しいので毎回温泉に入るたびに食事しています。

場所は雲南市の波田温泉にあります。

まずオススメなのが鯖寿司。


いわゆる『バッテラ』のことです。
注文は1巻からで人数を言うとちょうど良く切り分けてもらえます。
料理長がその日に境港から取り寄せる新鮮な鯖を使うため、数量が限られていますので、連休等のときはあらかじめ注文しておいたほうがいいみたいです(・・・が、たいていあります^^;)

お持ち帰りもでき、そんな時はパックに入れてもらえます。

近くのキャンプ場に行ったりするときは重宝してます。(^.^;)

写真には鶏唐揚げも写っていますが、サクサクでとっても美味です。
元々、一番最初にP泊させてもらったとき、温泉だけでは気が退けて、唐揚げのお持ち帰りを頼んだところメチャ旨かったため、2回目からは食事もするようになったのがそもそもの始まりです。


定食だとこんな感じになります。
鶏唐揚げ定食はいつも息子が食べています。

ご飯と吸い物、メインの皿と小鉢物が付いてきます。


私がよく頼むのは、こちらの山女定食。
見てのとおり山女の塩焼きです。

ここの定食はどれも¥700〜¥900くらいです。(季節限定品を除く)
まぁ、変動はすると思いますのでここではキッチリ書かないことにします。


季節限定と書きましたが、こちらは獅子鍋定食。

料理長が猪の罠を仕掛ける免許を持っておられ、入荷(?)があったときに登場するみたいです。
こちらは冬場の限定でした。


冬で猪が捕れたときが鍋なら夏は?って感じですが、夏に行ったときはこちらでした。
獅子肉生姜焼き定食です。

料理長曰く包丁の入れ方で猪でも柔らかい肉に出来、なおかつ臭みも取れるとのこと。
その言葉通り言われなければ猪と判らないくらい絶品でした。

場所がイマイチわかりにくいかもしれないのですが、国道54号を広島からだと北向きで、琴弾フォレストパークを過ぎて、長い下りに入りますが、その途中から三瓶に抜ける道(満壽の湯の看板があります)を左折、道なりに5kmほど進んだ右手の小高い所に見えます。

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.